「23年度薬価改定の真髄 製薬60社からのアンケート調査を読み解く」の資料請求は以下のフォームより承っております。
お気軽にご連絡ください。


4月12日に、製品上市前後のマーケティング施策について押さえるべき基本的なポイントや最新のトレンドを紹介する無料セミナーを配信いたします。情報収集中のプロダクトマネージャーやマーケティング担当者様は是非ご視聴ください。

分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬などの登場により、がんの治療選択肢は増えています。一方で根治は難しく、いかにして再発や治療抵抗性を抑えるかが課題となっています。治療抵抗性の一因とされる腫瘍内の不均一性を克服すべく、どのような抗体薬物複合体(ADC)が開発されているのか、乳がんに焦点をあてて紹介します。
がん治療の進歩は目覚ましく、治療の選択肢が増える一方、『いかにしてがん細胞のみを攻撃し副作用を抑えるか』が課題となっています。抗体薬物複合体(ADC)は、がん細胞に特異的に発現している抗原をターゲットにする薬剤として注目されています。本記事ではADCの開発状況を探ります。

画像:Freepik.com

本シリーズでは、分野別に疾患啓発デーについてご紹介しています。

メンタルヘルスについては、精神疾患の早期発見・早期対応による重症化の防止、および地域生活への移行を円滑にすることを目的として、厚生労働省をはじめとしたさまざまな組織が積極的な啓発活動を行っています。
今回は、その活動の一部をご紹介します。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)のなかにオーソライズド・ジェネリック医薬品と呼ばれる医薬品があります。

実は、オーソライズド・ジェネリック医薬品が発売されたのは、2013年6月。すでに10年も前のことなのです。当初、欧米諸国に比べて後発医薬品の使用割合は低く、厚生労働省が掲げた「平成25年(2013年)3月までに30%以上」という目標を達成することはできませんでした。

その理由のひとつに、医療関係者の間で、後発医薬品の品質への信頼性や情報提供、安定供給に対する不安が払拭されていないことが挙げられていました。2013年当時、そのような不安を解消するのではないかと期待されて登場したのがオーソライズド・ジェネリック医薬品です。
※旧指標:後発医薬品の数量÷全医療用医薬品数量

 

近年、SNSの活用が進み、患者さんに対するタイムリーで直接的な情報発信が可能となりました。
各種疾患の啓発イベントに合わせて施策を行う企業も多いのではないでしょうか。

本シリーズでは、さまざまな疾患啓発イベントを分野別にご紹介します。
今回は女性の健康や女性に多いがんに関する啓発イベントを取り上げます。

学会や医療団体が行っている疾患啓発は数多くあり、それに合わせて施策を行う企業も多いのではないでしょうか。

生活習慣病の予防を取り上げた前回(記事はこちら)に続き、今回は生活習慣病とその結果引き起こされる脳心血管疾患に関連する啓発イベントをご紹介します。

学会や医療団体が行っている疾患啓発は数多くあり、それに合わせて施策を行う企業も多いのではないでしょうか。

本シリーズでは、さまざまな疾患啓発イベントを分野別にご紹介します。
今回は生活習慣病の予防に関連した啓発イベントについて取り上げます。

全記事一覧